【100万円以下】中古の軽自動車を安く買うなら?

車の買い替え

 

車の購入・買い替えを考えたとき、予算を抑えるには中古車を選ぶ方は多いです。

ただ、車の状態や走行距離、相場や年式の下調べなど、新車と比べて注意しなければならない点が複数あり大変です。

車の値段は安ければ安いほどいいですが、購入後にすぐ故障したり不具合があったりすると余計な出費になってしまい、結局損をしてしまうこともあります。

 

今回は、100万円以下の中古の軽自動車を購入するときの注意点などを解説します。

 

100万円以下で良い中古の軽自動車を見つけるための注意点

走行距離で判断しない

中古車を選ぶときに大きな指標となる走行距離です。

走行距離は短ければ短いほど車体価格は高くなりますが、必ずしも短い方がいいというわけではありません。

例えば、28000km33000kmの車があったとします。普通は28000kmの車を選びがちですが、5000㎞の差を気にして、車体をチェックする前から省いては損をしてしまうこともあります。

 

車の走行距離が短くても、前の持ち主が雑な運転整備に手をかけていなかったという場合もある(特に軽自動車には多いです。)ので、一概に走行距離だけで判断するのではなく、しっかり整備状態を書類で確認したり、自分の目で状態をチェックしましょう。

 

車の色にこだわらなければ、値段は下がる

車の人気のカラーといえば、

  • ホワイト
  • ブラック
  • シルバー

の3色です。

 

新車として人気の色が、そのまま中古車にも当てはまります。

そのため、この3色以外も候補に入れると、5万円~30万円ほど安く購入できることもあります。

特に色にこだわらない、とにかく安く買いたい!という方にはおすすめです。

 

合計でいくらになるのかを必ず確認

中古車は整備費用車検費用自動車所得税などの税金もかかるので、必ず合計でいくらになるか見積書を出してもらい、確認しましょう。

でないと、車体価格は別の店より安かったのに、いざ購入となったら様々な費用を請求されて高い買い物になってしまって損をしてしまうこともあります。

 

複数のお店で比較する

中古車は1台1台、状態や値段は違いますが、なるべく複数のお店て探して比較検討することが重要です。

また、車の状態はもとより、接客の対応もしっかりチェックして安心できるお店なのかも確認しておきましょう。

欲しい中古車がここでしか売ってないからと、接客の悪い店で買うとあとでなにか不具合があったときに対応が悪かったりして困ることも多いです。

 

まとめ

 

軽自動車は人気で台数も多いので、100万円以下で探すのは難しいことではありません。

台数が多いからこそ、車体の確認や比較が大変という面もあります。

値段や走行距離などの数字だけで判断するのではなく、

 

  • 外装
  • 内装(キズ、汚れ)
  • 機器の故障がないか(エアコン・パワーウインドウなど)
  • 喫煙車かどうか

 

など、しっかりチェックをするようにしましょう。

 

車を高く売る方法

 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました