車の買い替えに必要な印鑑は、実印?認印?

車の買い替え

 

車の買い替えの際に必要な印鑑。

 

実印か認印かどっちを用意すればいいかわからないという話はよく聞きます。

車の買い替えは、今乗っている車の売却と新車の購入手続きの両方をしなければならないので、勘違いや覚え間違いが多いです。

聞いたけど忘れてしまった、聞き忘れてしまったなんてこともあるので、間違いがないように用意することが肝心です。

 

必要な印鑑は車種によって違う

 

必要な印鑑は、普通車と軽自動車で異なります。

なお、車の購入も売却も、必要な印鑑は同じです。

 

また、必要な書類については下記の記事にて解説しています。

 

>>マイカー売却時の必要書類は?

>>【軽自動車 編】マイカー売却時の必要書類は?

>>車の買い替え、新車購入時の必要書類

 

普通車

普通車の場合は

 

実印

 

が必要です。

同時に印鑑証明書も必要ですので、忘れないようにしましょう。

 

軽自動車

軽自動車の場合は

 

認印

 

で問題ありません。

 

そのため、印鑑証明書も不要です。

 

なぜ普通車と軽自動車で必要な印鑑が違うのか

 

それは、手続き上の理由があるのです。

普通車は資産として国に登録をしなければならないため、実印と印鑑登録証明書が必要になります。

軽自動車は、資産とはみなされないので国に登録する必要がない=実印も印鑑登録証明書も不要ということなんです。

 

印鑑証明書については、以下の記事で詳しく解説しています。

>>車の買い替えに印鑑証明は何通必要?

 

まとめ

 

普通車 ・・・ 実印

軽自動車 ・・・ 認印

 

押し間違いがあると、余計な手間と時間がかかってしまいますので、しっかり確認して買い替えをスムーズに行えるようにしましょうね。

 

 

車を高く売る方法

 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました