【軽自動車 編】一時抹消登録した車の再登録方法

一時抹消登録をして、軽自動車を保管していたけど、また車に乗れるようになったので
公道を走れるようにしたい!

でも、どうすればいいの?

という人は、こちらを読んで頂ければ悩みが解決するはずです。

一時抹消登録をした軽自動車を再度、公道で走らせるには
中古車新規登録という手続きを行う必要があります。

以下では、中古車新規登録手続きに必要な書類や、手続きの流れを
解説します。

普通自動車を中古車新規登録する場合は、こちらをご覧ください → 一時抹消登録した車の再登録方法

中古車新規登録について

自分で手続きを行う時間が取れない人は、代行してくれる業者行政書士がいますので
近くにないか確認するとよいでしょう。

・費用

 登録手数料 700円
 申請書代 約100円
 検査手数料 1,400円
 仮ナンバー 約750円
 ナンバープレート 1,500~2,000円ほど(地域によって異なる)
※希望ナンバーは4~5千円
 自賠責保険 27,240円(25ヶ月分)
 自動車税自動車重量税 排気量等によって税額は異なります。
 中古車新規登録代行費用 3,000円~20,000円

中古車新規登録代行費用は、自分で手続きをする場合は不要です。

・必要書類

  自動車検査証返納証明書
  自賠責保険証明書
軽自動車税申告書
申請書(OCRシート第1号様式)
手数料納付書
定期点検整備記録簿
軽自動車検査票 検査手数料の検査登録印紙を貼付したもの
   譲渡証明書 一時抹消登録時と所有者が異なる場合のみ
   所有者の印鑑証明書 発行から3ヶ月以内のもの。
   所有者の印鑑
   自動車保管場所証明書(車庫証明書) 発行から概ね1ヶ月以内のもの。
   委任状 所有者本人が申請する場合は不要。
代行業者が用意してくれます。

の書類は、、軽自動車検査協会でもらえます。

・中古車新規登録手続きの流れ

1.自動車保管場所証明書(車庫証明)を手配する

お住まいの地域を管轄する警察署で発行できます。

2.必要書類を準備する

上述した、必要書類を準備しましょう。

車を高く売るなら「ズバット車買取比較」複数の業者にまとめて見積依頼ができるので、手間がかからず高く売れる!   >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!

3.仮ナンバー申請と自賠責保険の加入

中古車新規登録には、、軽自動車検査協会に自動車を持ち込む必要があります。

しかし、一時抹消した車はそのままでは公道を走れないため、
仮ナンバーの申請と、自賠責保険への加入が必要です。

仮ナンバーは、市区町村役場または運輸支局で、
自賠責保険は各保険会社にて申込むことができます。

・仮ナンバー申請に必要な書類

 自賠責保険の証明書(原本)
 一時抹消登録証明書
 身分証明書
 印鑑(認印で可)
 仮ナンバー取得費用(750円前後)

5.軽自動車検査協会で車検を受ける

一時抹消登録をした場合は、再度車検を受ける必要があります。

車検は、軽自動車検査協会内で受けます。その場で申込み用紙に必要事項を記入し、
車検を受けましょう。

その後「定期点検整備記録簿」「自動車検査票」が交付されるので
受け取ります。

一時抹消登録をする前に車検が残っていた場合でも、改めて車検を受ける
必要があります。

中古車探しはズバット車販売の中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのズバット車販売で今すぐ車を探す

なぜなら、登録を抹消した車の車検は、有効期間が残っていても
抹消登録をした時点で無効になるからです。

6.中古車新規登録の手続きをする

ここまでの手続きで揃えた書類に不備が無ければ
中古車新規登録の手続きができます。

その場でナンバープレートが発行されますので、車に取り付けてもらいましょう。

これで全ての手続きは完了です。

車を高く売る方法

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

=>今すぐ無料見積もりをする!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする