車のローンの「支払年数」や「月々の支払金額」の平均はいくら?

車のローンを組む時に悩むのは、支払年数月々の支払金額ですよね。

ここを適当に決めてしまうと、月々の支払いが苦しくなったり、金利を無駄に多く支払ってしまったり、後からつらくなったり、損をすることが多いので、しっかりと考えたうえで決めることが肝心です。

支払年数の平均

支払年数の平均は、3年です。

これより短いと、月々の支払額が多くなって家計を圧迫しますし、これより長いと今度は「支払金利」が増えてしまい、余計なお金を支払うことになってしまいます。

「4年以上にしなければ月々の支払いが厳しい」という場合には、そもそも車体価格が高すぎる可能性があります。

どうしても欲しい車で、多めの金利を払ってもいいから買いたいという場合なら構いませんが、そうではないなら

  • オプションなどを見直し、車体価格を抑える
  • 中古車も視野に入れる

などを検討するべきです。

月々の支払金額の平均

月々の支払金額の平均は、3万円です。

支払金額については、家賃や駐車場代、自動車保険料などを考慮したうえで決める必要があります。

そのため、平均が3万円だからといって拘らずに、自身の収入・支出を計算したうえで決めるようにしないと、毎月支払いで苦労することになりますので、注意が必要です。

ただ、予め余裕を持った支払額に設定しておき、途中で繰り上げ返済をするという方法もあります。

注意点として、利用するローン会社すべてが、繰り上げ返済できるわけではないので、利用するローン会社が繰り上げ返済可能かどうか確認しておきましょう。

ローンを組む金額を抑えることも重要

ローンを組むと、ご存じの通り金利がかかってきます。

そのため、ローンを組む金額は少ない方がいいので、できれば頭金を入れるようにしましょう。

車の買い替えの場合には、今乗っている車を売って頭金にする方法もありますので、できるだけ高く買い取ってもらえる業者を探すことをお勧めします。

車を高く売る方法

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

=>今すぐ無料見積もりをする!

中古車はお店で探さない

 

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする