【車の個人売買】資金の借り入れはフリーローンを利用しよう!

カーローン

 

車の購入するとき、ディーラーで新車を買ったり、中古車屋で中古車を買ったりする以外に、親しい友人や、同僚、家族などから車を売ってもらうということがありますよね。

安い価格での取引であれば、現金一括払いも可能でしょうが、高い価格の取引となるとなかなか一括払いは難しいものです。

できればお店で買うときのようにローンを組んで購入したい、と考える人も少なくないのではないでしょうか。

 

個人売買ではローンは組めない!?

 

自動車販売店での車の購入時には、オートローンを組めることはご存知だと思いますが、個人売買ではこのオートローンは利用できません。

なぜなら、オートローンというのは、自動車販売の許可を取っているお店でしか取り扱いができないからです。

 

銀行のオートローンも基本的にNG

基本的に組めません。

個人売買では、取引される車の相場が不安定だったり、借り入れた資金が本当に車の購入に使われるのかがわかりにくいため、ローンは受け付けていない銀行がほとんどです。

ただ、条件次第で受け付けている銀行もあるので、近くの銀行のホームページなどを確認したり、窓口で相談してみるのも良いでしょう。

 

個人売買でもローンを組むなら、フリーローン

 

オートローンは、基本的に利用ができないと上記で説明しましたが、フリーローンであれば、借り入れをすることができます。

フリーローンとは、その名の通り使い道が自由なローンなので、オートローンと違い、審査さえ通れば個人売買でも利用することができます。

 

銀行によって申込基準や必要書類、金利が違うので、近くの銀行でフリーローンを取り扱っている銀行を探して、必要な書類や金利などを確認しましょう。

 

参考サイト:

>>グーネット個人売買サイト検索

 

その他のローン

 

カードローン

意外と忘れがちなのが、カードローンです。

ただ、ご存知の通り、カードローンは金利が5%~15%ほどと高いのであまりおすすめできません。

自身のカードローンの金利を確認して、フリーローンとどちらがいいか比較してもよいでしょう。

 

キャッシングローン

キャッシングも、用途に関わらず利用できますが、カードローンより金利が5%~18%と、高い場合が多く、こちらもおすすめはできません。

 

まとめ

 

なにはともあれ、まずは金利が安いフリーローンの利用を検討しましょう。

自分の持っているカードによっては、条件次第で金利が優遇されることもあるので、そのような制度がないか確認しておくこともおすすめします。

 

また、個人売買はローンの手続きや、書類の準備など全てを自分で行う必要があったり、業者を挟まないため、取引の際にトラブルになりやすいのが特徴です。

個人売買についての注意点は、以下のページで解説していますので、お時間あるときにでもご覧ください。

 

>>車の個人売買で気をつけること!メリット・デメリットも解説!

 

また、どうしても個人売買でなければならない、ということではないのなら新車や中古車での購入も検討されてはいかがでしょうか。

 

車を高く売る方法

 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました