車の購入は月々いくらまでが理想?

カーローン

 

車の購入をするときは、一括かローンで支払うことになりますが、8割以上の方がローンを組むそうです。

一括で購入できれば一番いいですが、今の時代、なかなか貯金も難しいし交通手段が整っていない地方などでは、車を持たないという選択肢が選べないため、貯金の有無に関わらず車の購入、買い替えをしなくてはならないこともあります。

では、車のローンの支払いは月々いくらまでにするのがいいのでしょうか。

 

ローンを組むのはいくらまでが理想?

 

いくらまでかというのは、人や状況によって変わりますが、一般的には年収の半分以下と言われています。

  • 年収300万円なら、150万円以内
  • 年収600万円なら、300万円以内

というような基準で車を選び、ローンを組んで月々支払っていくことになりますが、注意しなければならないのは、月々の支払いは車のローンだけではないということです。

  • 家賃
  • 生命保険
  • 携帯などの通信料
  • 自動車保険
  • 車検の積み立て
  • ガソリンなどの諸経費

など、人よっては上記以外にもあるでしょう。

 

これらの出費も考慮して、無理のない金額で月々の支払い額を決める必要があります。

まずは年収の半分程度で車を探して、見積もりを取り、月々の支払額を知るところから始めましょう。

 

月々の支払額が高い場合

 

見積もりを出してもらって、他の支出と比べた結果、車のローンの支払額が高かった場合は、主に

  1. 車の値段を下げる
  2. 中古車で探す
  3. ローンの期間を延ばす

という方法があります。

1. 車の値段を下げる

新車であれば、車のグレードを下げたり、オプションを減らしたりすることで価格を下げることができます。

通勤や買い物にしか使わないという場合には、この方法がおすすめです。

 

また、車自体を変更して、もう少し値段の安い車に変える方法もあります。

軽自動車であれば、購入後の車検や自動車税などの税金も安く、燃費もいいためローンだけでなく、日々の維持費も安くなるメリットがあります。

今の軽自動車は、昔と違い性能が格段に良くなっており、高速道路でもパワー不足を感じることは少なくなってきましたので、一度試乗してみて検討してはいかがでしょうか。

2. 中古車で探す

中古車は探すのが大変ですが、今はネットで簡単に調べられますし、業者に依頼して自分の希望する車を探してもらうこともできます。

なにより新車に比べて何割も安く購入できるのがメリットです。

 

長く乗るつもりの場合は注意が必要で、中古車はどういう乗り方をされてきたかがわからないので、パーツが損耗して故障するリスクも高くなります。

車には点検整備記録簿という書類があり、整備を受ける度に整備士が記録をしてくれますので、それを見ればどのような整備を受けたかはわかりますが、各パーツの損耗度がわかるわけではありません。

そのため、中古で安く買ったはいいけど不具合箇所や故障箇所が増えて、修理代金が多くかかってしまったという、いわゆる安物買いの銭失いにならないよう、ちゃんとした中古車屋で購入することをおすすめします。

 

良い中古車を安く購入するおすすめの方法は、こちらで解説しています。

 

3. ローンの期間を延ばす

ローンの期間は、信販会社によって異なりますが、1年(12回)~5年(60回)が一般的です。

月々の支払額が高い場合は、期間を延ばすことで支払額を下げることができます。

ただし、ローンを組むとご存知のように金利がかかりますが、期間を延ばすとそれだけ支払う金利が多くなってしまいますので、金利を含めた総支払額と月々の支払額を確認して、何年でローンを組むのがベストか検討しましょう。

 

頭金を用意する

 

ローンを何年で組むか、支払額はいくらまでにするか、ということも重要ですが、頭金を用意するのも、金利や月々の支払額を下げるうえで大事になってきます。

車の買い替えであれば、今乗っている車を売って、そのお金を頭金に充てることができるので、できる限り高く売れるように複数の店舗で査定を受けることをおすすめします。

 

ここまで見てきたように、頭金を増やしたり、車の購入価格を抑えることで、もっと月々の支払額を下げることも、金利支払分を下げることもできますので、以下のサイトを使って計算してみることをおすすめします。

 

>>E-LOAN 返済シミュレーション

 

車を高く売る方法

 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました