車は15万km程度なら余裕で走れる!

車の処分方法

 

一般的に車の買い替えタイミングは10万kmと言われていますが
実際のところ、そんなことはありません。

海外では、日本から輸出された中古車が15万km、20万kmを超えても
普通に走っています。

ではなぜ、家庭用の車では10万kmで買い替えする人が多いのでしょうか。

 

10万kmを過ぎるとパーツの損耗や故障部分が増えてくる

 

もちろん、日頃のメンテナンス次第で損耗度が下がったり故障しないことも
ありますが、損耗自体を防ぐことはできません。

エンジンの動力を伝えるための、タイミングベルトや、ブレーキをかけるための
ディスクローターは10万kmでの交換が推奨されています。

他にも、ブレーキパッドやウォーターポンプの交換なども必要になりますので
全て行うとなると、何十万もの費用がかかることになります。

それでも新しい車に買い替えるよりは、安くつきますので
交換をして乗り続ける人もいます。

 

一番の不安は、エンジン

 

車を動かす心臓部分ですから、ここが壊れると完全に動かなくなります。

もし運転中に壊れてしまったら、確実にエンジンブローを起こして
壊れますから、その場合はエンジンの積み替えをするしかありません。

エンジンの積み替えとなるとエンジンそのものの値段も高いですし、
工賃も10万円以上かかるため、合計すると40万円以上かかることになります。

せっかく何十万もかけてエンジン以外の消耗したパーツを交換しても
エンジン自体が壊れてしまったら、さらに何十万もの費用がかかってしまいます。

 

こうなるリスクを避けるために、もしくは壊れるかもという不安な気持ちのまま
車を使いたくないという理由で、10万kmで車を買い替える人が多いんですね。

車が好きだったり、詳しい人で今の車を大事に乗っていきたいと考えるなら
10万kmを超えても乗り続けるのもいいと思います。

しかし、そんなに車に詳しくない人なら無理して10万km以上乗るよりは
買い替えをして、不安のないカーライフを送ることを考えたほうがいいでしょう。

 

車を高く売る方法

 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました