一家に一台はもう古い?カーシェアリングで賢く生活

車の処分方法

これまでは、車は一家に一台が当たり前でした。

しかし、最近ではレンタカーが価格競争により低価格化してきたり
カーシェアリングという手軽に車を借りられるサービスが出てきたこともあり
車を持たないという選択肢を選ぶ方が増えています。

昔ほどがんばっても給料が上がらない世の中になってしまったということと、
それにより、若者の物への執着心が薄れてしまっていることが車離れを加速させていると
言われています。

 

最近では、国が定めた基準をクリアした車を購入する際に、自動車税などの税金が
減税や免税される、エコカー減税も実施されています。

しかし、購入した年と次の車検までしか恩恵はないので結局、購入後の維持費を
考えると、家計を苦しめる大きな原因になってしまいます。

田舎に住んでいて、通勤に車以外の交通手段がない場合は車を買い替えるしか
ありませんが、都市部などで交通網がしっかりしている地域に住んでいる場合には
買い替えずに、車を持たない生活を検討してみてはいかがでしょうか。

 

カーシェアリングってどういうサービス?

 

全国のコインパーキングなどに設置してある車を借りられるサービスです。

レンタカーと違って、一度ネットや店舗で申込みをして、会員カードを受け取れば
毎回店舗で面倒な手続きをしなくても、車にカードをかざすだけで
すぐに利用できるのがメリットです。

 

料金について

 

企業によって違いはありますか、主に以下の料金がかかります。

月額料金 1,000円~
カード発行手数料 1,000円~
車の利用料金 15分200円~ プランにより異なる

ガソリン代、保険料は価格に含まれている企業がほとんどです。

なお、月額料金は毎月、車の利用料金として使えるので無駄になりません。

例えば、月額1,000円としたらその月は1,000円分までなら無料で車を利用できる
ということです。

 

利用開始までの簡単な流れ

 

サービス提供会社により、利用手順や方法が違う場合がありますので
詳しい手続き方法は各会社のホームページなどをご覧ください。

手続きの前に

自宅の近くにサービスを提供している店舗があるかどうかを調べましょう。

提供店舗がないのに申し込んでも無駄になってしまいます。

主なカーシェアリング事業者は以下です。

>>タイムズカープラス 全国対応

>>オリックスカーシェア 首都圏・中部・関西エリアが中心

>>カレコ・カーシェアリングクラブ 首都圏・関西圏に特化

1. 入会手続き

各カーシェアリングサービス会社のホームページからネット上で申込みをします。

申し込んだ後は、すぐに利用したい場合は店舗に会員カードを取りに行くか、
そうでない場合は、郵送で自宅に送ってもらうこともできます。

2. 予約

パソコンやスマホで予約をします。

3. 実際に車を利用する

予約をした日時に、車のある場所へ向かいます。

到着したら、会員カードを車にかざして開錠、車のカギを取って出発します。

4. 返却

利用が終わったら、車を元の場所に戻し会員カードで車を施錠すれば
返却は完了です。

5. 料金の支払

登録したクレジットカードから引き落としになるため、
その場で支払う必要はありません。

延長した場合の料金も含めて請求されるので超えた分だけ現金で払うというような
面倒はありません。

 

注意事項

 

以下の点には注意が必要です。

  • 禁煙
  • ペット同乗不可
  • 登録者のみ運転可能

特に、登録者のみ運転可能は事故が起きたときに保証を受けるために必ず
守る必要があります。

 

まとめ

 

  • 車を買い替える前に、本当に今の生活に必要なのか考える
  • 家の近くにカーシェアリング提供店舗がないか調べる
  • 車を買い替えた場合と、カーシェアリングを利用した場合の出費を確認

 

車を高く売る方法

 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました