一時抹消登録した車を廃車(解体届出)にする方法

車の処分方法

転勤や、病気やケガなどの理由で、しばらく車に乗れなくなった
などの理由で、一時抹消登録をして車を保管していた人もいると思います。

その後、車に乗れない事情が解決して、いざ車に乗ろうとしたら
車の調子がおかしい!!

例えば、

・キーを回してもエンジンがかからない。
・タイヤの空気が抜けて変形してしまった。
・サイドブレーキが固まって下がらない。
・シートがカビてしまっている。

というように、様々な部分が故障していることが多いです。

また、エンジン内部やパーツも腐食していたりして、
修理業者に見てもらうと、予想以上に車が劣化していて
修理代が何十万と高額になってしまったというケースがよくあります。

こんな時は、ほとんどの人が修理はせず廃車にして、
新しい車を購入しています。

しかし、一時抹消登録をした車を廃車にするには、
どう手続きをすればいいのでしょうか。

この記事では、そんな場合の手続き方法や必要書類、費用を
解説していきます。

 

一時抹消登録をした車を廃車にする手続きについて

 

一時抹消登録をした車を廃車にする場合、最寄の運輸支局で
車を解体したことを報告する必要があります。

これを、解体届出といいます。

自分で解体届出の手続きを行う時間が取れない人は、代行してくれる業者
行政書士がいますので、近所にないか確認するとよいでしょう。

・費用

 

解体費用 0円~30,000円
車の引き取り料 0円~20,000円 距離による
リサイクル料金 ※
7,000円~20,000円
手続き代行費用 10000円~

 

代行費用は、自分で手続きをする場合は不要です。

 

・必要書類

 

 所有者の委任状or認印  本人なら認印だけでOK
 代理人の印鑑  自分で手続きするなら不要
 登録識別情報等通知書
(もしくは一時抹消登録証明書)
 紛失した場合は、理由書が必要
 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」
のメモ書き
 手数料納付書
 永久抹消登録申請書(及び解体届出書)

 

のついた書類は、運輸支局でもらえます。

※理由書は、運輸支局のホームページで、ダウンロードできます。
>>車検と車の手続き案内センター 理由書ダウンロード

 

・手続き方法

 

1. 車を解体してもらう

解体業者に依頼して、車を解体してもらう。

解体が終わったら、「移動報告番号」「解体報告記録がなされた日」
教えてもらいメモしておきましょう。

2. 運輸支局で用紙の入手・作成

・手数料納付書
・永久抹消登録申請書(及び解体届出書)

記入方法の見本があるので、それを見ながら記入します。

3. 窓口に書類の提出

書類を提出します。

不備がなければ、これで解体届出の手続きは終了です。

 

廃車にするより売却した方がお得?

 

最近では、古い車や故障した車、果ては事故車までも
買い取ってくれる業者が増えました。

そのため、わざわざ何万も費用を払って車を廃車にするより
売却すれば費用もかからず、いくらかのお金を手に入れることができます。

 

なぜ古い車や壊れた車を買い取るの?

 

古い車や壊れた車は、修理して中古車市場に流しても、日本では売れませんが
海外で高く売れるんです。

車検があったり定期的に整備をする日本の車は人気があり、
たとえ10年落ちだろうと、海外の人は喜んで買うのです。

また、もう直せないような車でも、パーツを取って海外に整備交換用として
販売することで利益を得ています。

と、以上のような理由があるため、ほとんどの場合、0円以上の価格で
買い取ってもらえるはずです。

なので、まずは自分の車を買取業者に査定してもらいましょう。

 

車を高く売る方法

 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました