本人に代わって家族や友人が車を買取に出すために必要な委任状とは?

委任状とはどういう時に必要になるのか

本人が忙しく売却手続きができない場合や、国内、海外転勤などですでに赴任先へ行ってしまっている場合に、この委任状があれば家族や友人などの代理人に売却してもらうことができます。

委任状はどこで手に入れるの?

委任状には、決められた書式はありませんので、自作してもOKです。

記載するべき内容は、以下です。

  • 委任者の氏名・住所
  • 委任者の実印(印鑑証明書と同じもの)
  • 受任者の氏名・住所
  • 車のナンバーまたは、車台番号
  • 作成した年月日

不安であれば、買取業者に相談して委任状に記載するべき事項を確認するか、業者が作成している委任状を送ってもらうかすれば安心です。

委任状の他に、代理人が売却する場合に必要な書類

代理人が売却するために用意する書類

  • 譲渡証明書
  • 代理人の身分証明書

買取業者によって必要な書類に違いがある場合もあり、譲渡証明書が不要だったり、代理人の実印や印鑑証明書を求められるなど、様々ありますので、事前に何が必要か確認しておくとスムーズに取引ができるでしょう。

車の売却に必要な所有者の書類

上記の書類と合わせて、以下の書類も揃えましょう。

自動車検査証 車検証のことで通常は車内に携帯していなければなりません。
紛失した場合は陸運支局で再発行が必要。
自賠責保険証明書 車検時に強制的に加入される保険。
紛失した場合は加入した保険会社で再発行が必要。
自動車税納税証明書 車検を受けるときに必要な書類。
紛失した場合は県税事務所などで再発行が必要。
実印
印鑑登録証明書 実印を証明するもので、市役所などで発行することができます。
振込口座 売却したお金を振り込むために必要。
リサイクル券 リサイクル料金を委託している場合に必要。
紛失した場合は自動車リサイクルシステムのホームページで
「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷することで代用できます。
住民票 車検証の住所と現住所が異なる場合に必要。役所で取得します。
戸籍謄本 車検証の氏名と今の氏名が異なる場合に必要。本籍地の役所で取得します。

本人(車の所有者)の印鑑証明書が取れない場合

本人(車の所有者)が、海外転勤で住民票を除籍して赴任している場合、印鑑証明書を取ることができません。

この場合どうすればいいかというと、海外にいる本人に”サイン証明書”を取ってもらい、日本に送ってもらう必要があります。

サイン証明書は、駐在先の日本大使館・領事館で手続きをすることで発行してもらえます。

サイン証明書の詳細や、取得方法については以下の記事をご覧ください。

>>海外赴任後、車売却する時に必要な”サイン証明”とは?

車を高く売るなら「ズバット車買取比較」複数の業者にまとめて見積依頼ができるので、手間がかからず高く売れる!   >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!

車を高く売る方法

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

=>今すぐ無料見積もりをする!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする