離婚によって、車の名義変更をする場合のチェックポイント

車の処分方法

 

離婚によって、資産を分配しなければならなくなったとき
車はどのようにすればいいのでしょうか?

方法としては、

・離婚後もその車を利用するなら車の名義変更をする
・車を売却、現金にしてから分与する

のどちらかになります。

車は処分せずに乗り続ける場合、妻が車を所有するなら
車の所有者を夫から妻へ名義変更をしなくてはなりません。

 

手続きをする前に!名義変更のタイミングについて

 

離婚前に名義変更をしてしまうと、その後に新たな住所氏名で
再度、登録変更をしなければなりません。

そのため、特別な理由がない限りは、離婚して住所変更や苗字の変更が終わってから
車の名義変更をすると二度手間にならずに済みます。

 

離婚による名義変更の方法

 

名義変更は近くの運輸支局(軽自動車の場合は、軽自動車検査協会)で
行うことができます。

必要な書類をあらかじめホームページで確認しておき
最寄の運輸支局へ手続きにいきましょう。

>>運輸支局ホームページ 自動車の名義変更方法

>>軽自動車検査協会ホームページ 名義変更(売買・譲渡)

書類の記入などで手間はかかりますが、1時間程度で済むことが
多いようです。

ただし、月末になると手続きをする人や代行業者が増えるため
混み合うこともありますから、なるべく月末は避けることをおすすめします。

車販売店やディーラーに名義変更を代行してもらう

車を購入した販売店やディーラーに手続きをしてもらうこともできます。

しかし、全ての店やディーラーが代行手続きをしているわけではないので
まずは電話で代行サービスをしているか確認しましょう。

ただし、離婚したということがどうしてもわかってしまうので
懇意にしている店以外では、あまり頼む気になれない人も多いかもしれません。

弁護士、行政書士に名義変更を代行してもらう

弁護士に離婚の相談をしている、または離婚調停を行っている場合は
その弁護士に名義変更の手続きを代行してもらうのもいいでしょう。

そうでない場合は、行政書士も代行手続きを行っている場合があるので
近くの行政書士事務所に確認してみましょう。

行政書士は離婚などの問題も相談に乗ることがあるので、
車販売店よりは依頼しやすいのもポイントです。

注意点としては、お店や弁護士などに代行依頼すると手間はかかりませんが
その分、費用は1万円ほどかかりますので費用を取るか時間を取るか判断しましょう。

 

車を高く売る方法

 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました