車検切れの車を廃車にせず、お金をもらう方法

車の処分方法

 

車検切れの車を廃車にするのは、損!?

 

車検が切れてしまって公道を走れなくなった愛車。

年数の経っている車だと、もう一度十万単位のお金をかけて車検を通すより、廃車にして買い替えようと考える人もいるでしょう。

しかし、廃車にすると2万円~5万円程度お金がかかってくるため、損をしてしまいます。

このような場合は、廃車にするのではなく買い取ってくれる業者を探して、そちらに売却してしまいましょう。

いくらかでも売れれば、次の車の頭金にもなるし、なにより高い廃車費用を払わずに済むため、いいことづくめです。

 

車検が切れた車がなぜ売れるのか

 

通常、私たちが車検を通す場合、作業料や代行料がかかるため車検代金は高額になります。

しかし買取業者は、自社の整備工場を持っているため、交換部品代だけで済むため、私たちの払う車検代金に比べて、何割も安い金額で車検を通すことができます。

そのため、車検切れの車を買い取っても、安く車検を通して整備してから、中古車として販売することで利益を上げられるのです。

 

このような理由から、車検が切れた車でも売れる可能性があるわけです。

もちろん、買取業者によって販売ルートが違いますから、全ての買取業者が車検切れの車を買い取ってくれるわけではありません。

車検切れの車でも買い取ってくれる業者を探す方法は後述します。

 

車検が切れているだけでなく、車自体も古いまたは故障している場合

 

例えば、

  • 年式が10年以上前の車
  • 走行距離が10万km近い、もしくは超えている
  • 故障している部分がある

このような場合でも、売れる可能性は充分にあります。

 

先ほど、説明したように買取業者によって販売ルートが違うため古い車でも、海外に売却して利益を得る業者もいます。

特に、アフリカなどの発展途上国では日本車は性能の良さから人気があるため、高く売れます。

 

故障している車の場合は、修理できるようなら修理して同じように海外へ売却します。

修理も難しい、もしくは費用がかかりすぎる場合には、使えるパーツだけ取って、交換用パーツとして海外に売却して利益を出せます。

そのため、どうせ売れないからと廃車にしてしまわずまずは、複数の買取業者で見積をしてみましょう。

 

査定前に、自分で車検を通してはダメ!

 

車検の残り期間によって、車の査定額は上がりますが、だからといって
自分で車検を通しても損してしまうだけなので、やめましょう。

上記でも説明しましたが、買取業者は整備工場を持っているため
私たちが車検を通す時に支払う料金に比べて、何割も安く通すことができます。

 

ですから、私たちが8万円~15万円程度の費用をかけて車検を通しても、査定価格は
5万円程度しか上がりませんので、かなり勿体ないです。

そのため、査定に出す際は車検を通さず、そのまま出しましょう。

 

まとめ:車検が切れた車を高く売るには

 

これまでの話をまとめると

  • 車を廃車にすると、2万円~5万円の費用がかかるため損
  • 買取業者は、車検が切れた車でも中古車として売れる
  • 古い車、故障した車でも海外へ輸出することで利益を出す業者もいる
  • こういった業者を探すために、複数の買取業者に見積を出す必要がある

ということでした。

 

ただ、複数の業者から見積を取ることがベストと言われても、近くの買取業者を1店舗ずつ回るのは手間も時間もかかりすぎます。

車を手間をかけずに高く売る方法

 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました