車の買い替えって本当に必要ですか?

車の買い替えの前に考えてみよう

車が古くなった、そろそろ新しい車がほしいなどの理由で
買い替えを検討している人もいると思います。

しかし、車に乗っていると他の交通手段やサービスを知る機会がないので
車を買い替えるということしか考えていない人も多くいます。

田舎に住んでいて、車でしか仕事場に行く手段がないなどの場合なら
車を買い替えるしかありませんが、他の手段でも行ける場合には
車を持たないという選択も考えるべきです。

車は維持費がかかる

車というのは、持っているだけで以下の維持費がかかります。

  • ガソリン代
  • メンテナンス費用(オイル交換代など)
  • 車検費用
  • 自動車税、自動車重量税
  • 自動車保険

これらの費用と、自分の車の利用頻度を再度確認して、本当に車が必要なのか
一度、見つめなおしてみることをおすすめします。

実際に年間でいくらくらいかかるのかについては、以下のページで解説していますのでご覧ください。

>>車の維持費はどのくらいかかる?

便利なサービス

カーシェアリング

主に都市部で行われているサービスです。

近くの有料駐車場やコインパーキングに何台かレンタカーが置いてあり、登録をすると
○分○○円という料金で借りられます。

最近ではスマホやPCからでも予約ができたり、お得なパック料金(○時間○円)を
用意している業者もあるため、近所でこのサービスを提供しているところがあれば
利用を検討する価値はあります。

終わったらまた駐車場に戻すだけなので、非常に便利です。

レンタカー

上記のカーシェアリングより店舗数が多いため、地方でも利用できる可能性が
高いサービスです。

30分100円からなど手軽に借りられる店が増えています。

最後に借りた日から3ヶ月間は身分証明書不要など、便利に利用できるよう
工夫している店も多い

休みの日にのみ、遊びに行ったり買い物に行くという場合は、これらのサービスを
うまく使うと出費を抑えられます。

車や交通機関だけじゃない!

大人になると移動手段というと、車やバス、電車を思い浮かべますが
他にも、自転車やバイクもありますよね。

自転車

自転車は最近、健康維持のために乗る人が増えています。

ランニングと違って膝に負担がかかりづらいのもポイントです。

長い距離を移動するなら、ロードバイクが軽くて漕ぎやすいので
おすすめですし、坂が多い地域なら電動付き自転車が便利です。

このように、地域や目的に合わせて選ぶといいでしょう。

バイク

いわゆる原付もおすすめです。

近くにちょっと買い物にいくだけなら、前カゴにふくろを載せられるので
便利ですし、税金も年間数千円、ガソリン代も月500円~1000円ほどなので
非常に経済的です。

まとめ

  • 車を買い替える前に、本当に今の生活に車が必要なのか考えてみる
  • 住んでいる地域に、レンタカーなど便利なサービスがないか調べてみる
  • 自転車や原付などの移動手段も検討する

車を高く売る方法

車を高く売るには、一括査定サイトを利用するのがセオリーと言われていますが、実際は複数の買取業者から電話がかかってきて対応が面倒ですし、それぞれに名前や住所などの個人情報が流れてしまうので不安です。

そこで私が利用したのはユーカーパックという業者で、一括査定サイトと違い1社からしか電話がかかってこないうえ、他の業者に個人情報が流れません。(流れるのは車の査定情報のみ)

さらに、初めに自分の希望する買取価格を提示することができ、それを超えなかったらキャンセル可能な点も安心できました。

私のように、「高く売りたいけど複数の業者から電話がかかってくるのはイヤだ!」「面倒な交渉事はしたくない!」という方は、ユーカーパックに申し込むことをおすすめします。

中古車はお店で探さない

 

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする