車の売却で営業マンに安く買い叩かれないためのテクニック

車の査定にきた営業マンは、車の状態や必要な書類があるか確認を終えると、査定金額についての話を始めます。

しかし、査定額を言わないケースがほとんどで、色々なセールストークで即決を求めてきます。

私たちからすれば迷惑な話ですが、営業マンも必ず成約させて帰らなければいけないので、なんとかして契約を取ろうと必死です。

交渉の際に営業マンがよくいうフレーズ

即決してくれるなら査定額を教えます。

査定額もわからないのに決められるわけがありませんよね。

ただ、長々とセールストークを聞かされて面倒くさいと思っている人は、早く開放されたいあまり、即決してしまうこともあります。

・いくらなら売ってくれますか

答えてはいけません。

安い金額を言うと、その値段で買い叩かれてしまうし、高い金額を言っても、相場からかけ離れすぎているなどと言われて、結局安い金額の提示をされてしまうだけです。

今決めてくれたら、○円アップしますよ。

なんとかして査定額を聞きだしたあとには、このフレーズを言ってきます。

○円アップするならと、即決しそうになりますが、結局、査定金額をあらかじめ安く言っておいて、値段をつりあげているだけなので、営業マンからすると全く痛くもかゆくもないんですね。

「上司に連絡してみます!」とか、「これ以上粘って買取れなかったらクビになってしまいます」

などと演技をしながら言ってきますので、優しい人だと折れてしまうことも多いです。

このように、あの手この手で即決を迫ってきますが、絶対に即決してはいけません。

1社だけで即決してしまうと、必ず損をします。

即決してしまったことで、10万円~40万円以上、損をしたというケースがたくさんあります。

必ず、複数の買取業者に査定依頼をしたあと、

「一番高い値段をつけた業者に売ります」

と伝えましょう。

それでも、査定金額は教えられないという営業マンの場合は

「査定額を教えてくれないなら、この時点でお断りします。」

と言い、言わなければ本当にお断りしましょう。

別の方法としては、各買取業者の査定日時を同じにして、全員同時に査定価格を発表させるのも効果的です。

この方法だと、営業マン1人1人と交渉しなくていいので、楽に高い査定金額を引き出すことができます。

車を高く売る方法

中古車はお店で探さない

 

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする