エンジンオイルは交換してから売却する?

車の売却方法

エンジンオイルってどういうもの?

 

エンジンに利用される潤滑油で、これがないとエンジンが機能しません。

また、エンジンオイルはエンジン内部に発生する汚れを吸着して
掃除をする役目も負っているので、一定期間毎に交換が必要です。

目安は3ヶ月~5ヶ月に1回、あまり車に乗らない人でも1年に1回は
交換することを推奨されています。

 

売却前に交換は必要?

 

ちょうどオイル交換の時期に車を売却することになった場合、
オイル交換をしてから売却しないと査定額が下がるかも?と思っている人も
いるかもしれませんが、交換は不要です。

査定をする営業マンは、エンジンのチェックの際にオイルも見ますが
ここで汚れていたからといって、査定額を下げることはありません。

 

大事なのは、車を購入してからこれまで定期的にオイル交換をしてきたか
ということです。

ほとんどの人は、定期メンテナンスや車検の時にオイル交換をしていると
思いますので、特に気にすることはないでしょう。

これまでオイル交換も含めてどういうメンテナンスを受けてきた確認したい場合は
車に備え付けてある、整備点検記録簿(またはメンテナンスノート)という書類を
見るとわかります。

 

車を高く売る方法

 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました