海外赴任後、車売却する時に必要な”サイン証明”とは?

サイン証明書とは、海外赴任している人が、日本にある車を売却するなどの手続きをする時に印鑑証明書の代わりになる書類です。

自動車の売却時は印鑑証明書が必要()ですが、すでに住民票を除籍して海外赴任している場合は、印鑑証明が取れません。

 軽自動車は印鑑証明書不要です。)

その場合に、このサイン証明書を取得すれば、売却の手続きをすることができます。

売却手続きの注意点などは以下の記事をご覧ください。

>>海外転勤が決まった!普通車を売却する時の注意点!

サイン証明書を利用するケース

出国間際まで車を利用する場合

例えば、ご主人だけ先に海外赴任をして、3ヶ月以上後に家族が出国するという場合は、家族のために車を残しておくことになる場合が多いです。

印鑑証明書の有効期限は3ヶ月以内ですから、3ヶ月以内の出国であれば、住民票の除籍をする前に印鑑証明を取っておき売却時に使用することができますが、3ヶ月以上であればこの方法は使えませんのでサイン証明書を利用することになります。

名義変更をする費用や手間をかけたくない

ご主人が出国する前に、奥様などに名義変更をしておけば、サイン証明書は不要になりますがその場合、自動車取得税がかかる場合があります。

車を高く売るなら「ズバット車買取比較」複数の業者にまとめて見積依頼ができるので、手間がかからず高く売れる!   >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!

※今乗っている車の年式や取得価格によって金額は変わります。

また、名義変更は運輸支局や軽自動車検査協会で手続きをする必要があり、手間と時間がかかります。

行政書士に手続きを依頼することもできますが、費用が5,000円~20,000円と安くない費用がかかってしまいます。

サイン証明書を使えば、これらの費用と手間がかからずに済みます。

サイン証明書の注意点

サイン証明書が取り易い環境なのか確認しておく

サイン証明書の発行は本人が、駐在先の日本大使館・領事館で手続きをします。

そのため、赴任先(駐在地)から遠い場所にあったり、仕事の関係で忙しくて行く暇がないなどの場合には、サイン証明書を利用せず、名義変更で対応したほうがいいです。

>>外務省 在外公館リスト

中古車探しはズバット車販売の中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのズバット車販売で今すぐ車を探す

買取業者にあらかじめ必要な書類を確認しておく

買取業者の中には、サイン証明書で売却手続きをすることが少ない業者もいるので、あらかじめ伝えてくとスムーズに手続きを進めることができます。

他にも、どのような書類が必要になるかを確認しておきましょう。

一般的な売却時の必要書類については以下の記事で解説しています。

>>マイカー売却時の必要書類は?

サイン証明書の取得方法

必要書類

  1. パスポート
  2. 委任状 
  3. 譲渡証明書 
  4. 現住所を証明する書類

※の書類は、以下のページでダウンロードできます。

車検と車の手続き案内センター

>>委任状のダウンロードはこちら

>>譲渡証明書のダウンロードはこちら

現地の日本大使館・領事館へ行く

係官に、日本にある車の売却をするためにサイン証明書を取得したい旨を伝える。

サイン証明書は、形式1と形式2がありますが、必ず形式1で取得したいと伝えましょう。

書類を提出

委任状・譲渡証を提出し、係官の指示に従って現住所及び氏名の記入、拇印を行います。

必ず係官の面前で署名・及び捺印をする事になるので、サイン証明書と呼ばれています。

氏名・現地住所・拇印以外は何も記入せず、入手したら日本に送りましょう。

車を高く売る方法

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

=>今すぐ無料見積もりをする!

中古車はお店で探さない

 

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする