車の下取りで10万円損しても気にしない人っている?

買取の方が得なのにどうして選ばない?

車の買い替えをする人の6割が、ディーラーに今乗っている車を下取りに
出しています。

これまでの記事でも解説してきましたが、ディーラーでの下取りは
高く売れないことがほとんどです。

車を高く売るには、買取業者に見積依頼をすることですが
新車の購入と愛車の売却を、それぞれの業者で行うことになるので
面倒を嫌ってディーラーに下取りも任せるケースが多いです。

しかし、下取りと買取では、売却金額に10万円以上の差が出ます。

この事実を知っている人でも、下取りに出してしまう人が多いんですね。

なぜ損をするとわかっているのに、下取りに出すのか

理由としては、新車購入で気が大きくなっていることが挙げられます。

新車、または中古車を購入する時は、何十万~何百万という金額の
取引をすることになります。

そのため、金額の大小の判断が麻痺してしまって、10万円という大きな金額でも

「まぁいいか面倒だし」

で片付けてしまうんです!

10万円って面倒くさいで片付けていい金額ですか?

10万円あれば、グレードを1つ上にしたり、オプションを追加、チャイルドシートの購入、
定期車検の費用にするなど、様々なことができます。

普段だったら、「10万円損する!」と言われれば注意して対応しますが
車を売る時には、面倒になって対応しない。

なぜなら、何十万~百万単位のやりとりで感覚が麻痺している場合もあるし、
そもそも、本当に下取りよりも高く売れるかどうかわからないからです。

でも、どんなことでもそうですが、やってみた後どうなるかなんてことは
誰にもわからないですよね。

買取業者への売却もやってみないとわからない、高く売れるかもしれないし
下取りと変わらなかったということもあるかもしれません。

金額が変わらなかったとしても、実際に買取業者と比べてみた結果、
下取りと同じだということがわかったということが重要なんです。

比較をした結果、下取り価格が適正なディーラーだとわかれば、
そのディーラーや営業マンを信頼して任せることができますよね。

また、今後のディーラーでのメンテナンスも気持ちよく受けられるでしょう。

実際にどのくらいの確率で下取りより高く売れるの?

結論から言うと、9割以上です。

しかし条件があって、複数の買取業者に査定依頼をして買取金額を
比較する必要があります。

複数の業者で比較すると、業者同士で価格競争が起きて買取金額が上がりやすくなるため
9割以上、下取りよりも高く売れるんです。

そのため、買取業者を何件かはしごして買取金額を比較することが大事になってきます。

車を高く売る方法

車を高く売るには、一括査定サイトを利用するのがセオリーと言われていますが、実際は複数の買取業者から電話がかかってきて対応が面倒ですし、それぞれに名前や住所などの個人情報が流れてしまうので不安です。

そこで私が利用したのはユーカーパックという業者で、一括査定サイトと違い1社からしか電話がかかってこないうえ、他の業者に個人情報が流れません。(流れるのは車の査定情報のみ)

さらに、初めに自分の希望する買取価格を提示することができ、それを超えなかったらキャンセル可能な点も安心できました。

私のように、「高く売りたいけど複数の業者から電話がかかってくるのはイヤだ!」「面倒な交渉事はしたくない!」という方は、ユーカーパックに申し込むことをおすすめします。

中古車はお店で探さない

 

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする