亡くなった所有者名義の車は売れる?必要な書類は?

なんらかの事情で近しい人が亡くなったため、その人の車を処分しなければならないことがあります。

その場合は、相続人が車を相続することになるので、まず、車の名義を相続人に変更する必要があります。

書類さえ揃えれば、手続きは買取業者が手伝いをしてくれますので下記を参考に、書類を揃えましょう。

必要な書類

相続人が一人しか居ない場合

  • 相続人が確認できる戸籍謄本
  • 元の所有者が亡くなったことを確認できる除籍謄本
  • 相続人の印鑑証明
  • 車庫証明書(亡くなった方と住所が同じであれば必要なし)
  • 売却時に必要な書類一式

相続人が複数いて、その中の1人が相続する場合

  • 相続人全員が確認できる戸籍謄本
  • 元の所有者が亡くなったことを確認できる除籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明
  • 車庫証明書(亡くなった方と住所が同じであれば必要なし)
  • 遺産分割協議書
  • 売却時に必要な書類一式

以上を揃えて、買取業者に査定依頼を出しましょう。

ただ注意してもらいたいのは、相続した車をただ処分するだけではいけません。

相続して手に入った車とはいえ、大事な資産ですから、できる限り高く売れるように手間をかけましょう。

車を高く売る方法

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

=>今すぐ無料見積もりをする!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする