20代夫婦の失敗しない車選び!【経験談あり】

私が20代の頃にした車選びでの失敗

結婚後、スイフトを購入

http://catalogphoto.goo-net.com/carphoto/10552013_201009.jpg

私が24歳の頃に結婚をして、新居を決めた後、車を探すことになったのですが、先のことをあまり考えず、今乗りたい車ということで、諸経費込みの160万円ほどでスズキのスイフトを購入しました。

スポーティな見た目とコンパクトな割りにグイグイ進むパワーがあって、大変気に入っていました。

しかし、約1年後に子供が生まれたため、スポーティな代わりに車内が狭いスイフトでは手狭になってしまいました。

特に後部座席が狭く、高さもないのでベビーシートやチャイルドシートの取り付け、子供の乗り降りをさせるのに大変になってしまいました。

日産「セレナ」に買い替え

子供の成長を考えると、スイフトのままでは厳しいと考え、ミニバンの「セレナ」に買い替えて、利便性は大幅に良くなりました。

3列シートのため車内が広いため、出先の施設にオムツ替えのスペースが無かった時など、車のシートを倒せば、スぺースが確保できるので便利だし、赤ちゃん用の荷物バッグや買い物袋もたくさん収納できるのも大きかったです。

ただ、みなさんお察しの通り小型車のスイフトと比べると、セレナは税金や車検費用、定期点検などのメンテナンス費用などの維持費が高いです。

うちの場合、夫婦で相談して子供は1人だけと決めて、車の維持費を安くするため、軽自動車に替えることにしました。

タントに買い替え

軽自動車に買い替えるため、色々調べたり、試乗してみた結果、タントを140万円で購入。

タントは、ハイトタイプの軽自動車なので、車内が高いためチャイルドシートからの子供の乗り降りもかなり楽にできます。

心配していた運転のしやすさやパワーも気にならないので、今ではお気に入りの車になりました。

当然、3列シートのセレナよりは狭くなりますが、子供一人ならタントでも充分だと感じています。

無駄に車を買い替えてお金を浪費しないためには?

ここまで読んで頂ければ、おわかりだと思いますが、先のことを何にも決めずに車を買い替えていたので、ローンを組んだ時の利息であったり、自動車取得税を台数分払うことになって、だいぶ損をしました。

今考えると、我ながらバカだったなぁと思います。

みなさんは、結婚や子育てというお金を大事にしなければならない時期に、車の買い替えで無駄な出費をしないようにしっかり必要な車について考えてから購入なさってくださいね。

今後、どういう車が必要になるか考える

車の買い替えで無駄な出費をしないためには、結婚後の予定を考えておく必要があります。

  • 子供を何人作る予定か
  • 両親や親戚含めて車に乗せる頻度
  • 外出や、旅行、実家への帰省をどのくらいの頻度でするか
  • 車にかけられる費用はどのくらいか

などを2人で考えましょう。

子供は絶対2人以上欲しい!とか、子供が大きくなったら頻繁に旅行に行きたい!と決めているならセレナやヴォクシーのようなミニバンを選ぶと後々も困りません。

逆に、私のように、子供は1人と決めている夫婦や、頻繁な旅行は考えておらず実家に帰省するくらいで普段は買い物に使うという場合なら、軽自動車を選ぶと無駄な出費を減らせます。

予定がハッキリしない、まだ決めたくない人は

今後の予定を考えていたとしても、途中で変わることもあるのが人生ですよね。

  • 子供は1人のつもりだったけど、もう1人欲しくなった。
  • 子供と一緒にアウトドアしたいので、荷物が多く積める車が欲しくなった。
  • 大型車を買ったけど、事情で維持費が払えなくなったので安く抑えたい

など、様々な事情で予定が変わることも少なくありません。

このような予定の変更があることを考慮して、車を購入するなら以下のような購入方法をおすすめします。

残クレで新車を購入

残クレとは、残価設定型クレジットの略で、あらかじめ設定した年数後に車を売却する前提で、車を購入する方法です。

例えば、100万円の車を購入した場合で3年後に50万円で下取りに出すという契約をしている場合。

差額の50万円をローンで支払い、3年経ってローンの支払いが完了した後、ディーラーに車を50万円で下取りに出します。

もちろん、上記画像にもあるように残りの50万円を支払って、その車に乗り続けることもできます。

一般的なディーラーローンだと、100万円に金利がかかり、支払総額が増えてしまいますが、残クレであれば、50万円に金利がかかるので、支払総額が少なくて済みます。

生活の変化や、子供の成長に合わせた車選びが3年~5年毎に出来て、金利を余計に支払うリスクが減るのもメリットです。

カーリースで車を借りる

あらかじめ決められた年数で車をリース会社から借りることができます。

車種も様々なメーカーから選べるので、乗りたい車がないということはほとんどありません。

また残クレでの購入と違い、月々の支払額に自動車税などの税金や車検費用が含まれている()ので別途、これらの費用を確保しておく必要がないこともメリットです。

リース会社の設定するプランによっては含まれていないこともあります。

ガソリンスタンド事業を展開しているコスモでカーリースをすると、ガソリンが割引になるというサービスがあります。

デメリットとしては、コスモ石油の場合、車買い替えの際に3年目以降で乗り換え手続き費用で25万円、4年目以降で5万円の支払いをしなければなりませんので、3年毎の買い替えを考えている場合は、残クレでの車買い替えをおすすめします。

コスモ石油のマイカーリースについての詳細は以下をご覧ください。

>>コスモスマートビークル

車を高く売る方法

車を高く売るには、一括査定サイトを利用するのがセオリーと言われていますが、実際は複数の買取業者から電話がかかってきて対応が面倒ですし、それぞれに名前や住所などの個人情報が流れてしまうので不安です。

そこで私が利用したのはユーカーパックという業者で、一括査定サイトと違い1社からしか電話がかかってこないうえ、他の業者に個人情報が流れません。(流れるのは車の査定情報のみ)

さらに、初めに自分の希望する買取価格を提示することができ、それを超えなかったらキャンセル可能な点も安心できました。

私のように、「高く売りたいけど複数の業者から電話がかかってくるのはイヤだ!」「面倒な交渉事はしたくない!」という方は、ユーカーパックに申し込むことをおすすめします。

中古車はお店で探さない

 

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする