結婚してファミリーカーを買う時の重要ポイント!

「車はどうする?」

「燃費良さそうだし、税金安いし軽自動車でいっか?」

「子供を授かる予定だから大きめの車にしようかな?」

このように、結婚して2人の新生活が始まると、車をどうするか悩むという夫婦は少なくないようです。

結婚したら、スポーツカーやセダンではなく、ファミリーカーを選ぶというのは正しい選択ではありますが、実際にどういう基準でファミリーカーを選べばいいのでしょうか?

ファミリーカーを選ぶ際に抑えたいポイント!

ひとえにファミリーカーといっても様々な車種があります。

どのようなポイントに気を付けて選べばいいかを見ていきましょう。

3列シート

http://wordleaf.c.yimg.jp/wordleaf/thepage/images/20160215-00000012-wordleaf/20160215-00000012-wordleaf-0cbc7f706e5729b6c5347f2fe7c7599b4.jpg

3列シートの車は、主にミニバンタイプになります。

結婚後はまだ2人なので、普通車の中から選ぼうとする方もいますが、今の時代、車は10年は乗れるので、10年先を考えて購入する車を選ばなければいけません。

そのため、子供を何人作る予定なのかなど、しっかり夫婦で話し合って、車のサイズを決めましょう。

車を高く売るなら「ズバット車買取比較」複数の業者にまとめて見積依頼ができるので、手間がかからず高く売れる!   >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!

子供は1人の予定であれば、↓のようなハイトタイプの軽自動車も視野に入ります。

(上写真:ダイハツ タント)

普通の軽自動車と違い、ハイトタイプなら天井が高いので、チャイルドシートの取り付けや、シートからの子供の乗り降りも楽にできるため、おすすめです。

しかし、ハイトタイプとはいえ、軽自動車ですから、広さはミニバンタイプに大きく劣ってしまいます。

ミニバンタイプは、3列シートを倒すことで広いスペースができるため、子供のオムツ替えや着替えなどのお世話がしやすいことからママさん達に好評です。

(上写真:日産 エルグランド)

中古車探しはズバット車販売の中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのズバット車販売で今すぐ車を探す

ただし、ミニバンタイプだと軽自動車よりも税金車検費用が高くなってしまうので、その点は注意が必要です。

スライドドア

こちらも子供ができた後の話になりますが、狭い駐車場などでの子供の乗り降り、荷物を載せる時にやはり便利です。

特に、子供が大きくなると急にドアをバーン!と開けたりして隣の車にぶつかりそうになったという話も少なくありませんので、スライドドアならそんな心配もなくおすすめです。

さらに、オプションで電動スライドドアにすることもできます。

電動だと、ドアノブに触れるだけでドアが開くため、子供や荷物を抱えたままドアの開け閉めがらくらく行えます。

メーカ-によって、片側だけ電動にすることや、両側とも電動にすることもできるため、ディーラーに行ったときに確認してみるとよいでしょう。

ここまで、結婚後の車選びで最も重要なものをピックアップして解説しました。

他のオプションも多数ありますが、ETCやカーナビなど、後からでも取り付けができるものが多いため、重要とまではいかないと判断しました。

とくに3列シート、スライドドアは、家族で長く使うことを考えるとかなり便利であるため、是非、ご夫婦で検討をしてみてください。

車を高く売る方法

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

=>今すぐ無料見積もりをする!

中古車はお店で探さない

 

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする