車の買い替えに印鑑証明は何通必要?

車の買い替えをする時に必要な、印鑑証明書は何通あればいいのでしょうか?

印鑑証明書は、わざわざ役所まで行って取得しなければならないので、時間と手間をかけて行ったけど、足りなかったとか、必要なかったということになると損なので、しっかり確認しておきましょう。

※ディーラーや買取業者によって、本人確認の都合上、必要な書類が変わる場合もありますので、手続き前に営業マンに確認しておくことが大事です。

車買い替え時の必要書類については、以下の記事もおすすめです。

>>買い替え時の必要書類

>>マイカー売却時の必要書類は?

印鑑証明書は、購入と売却で2通必要

ディーラーや中古車ショップで新車・中古車の購入手続きに1枚、買取店で今乗っている車の売却手続きに1枚、計2枚です。

では、ディーラーで新車の購入と、今乗っている車の下取りをしてもらう場合にも、2通必要なのでしょうか?

同じ店舗で手続きするのだから1枚でいいんじゃないの?と私は最初考えていましたが、どうやら違うようで、この場合でも2枚必要なんです。

車を高く売るなら「ズバット車買取比較」複数の業者にまとめて見積依頼ができるので、手間がかからず高く売れる!   >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!

同じ店舗で購入売却する場合でも、新車今乗っている車の名義変更をそれぞれしなくてはならないので、2通必要になるのです。

「そんなの言われなくてもわかるでしょ」って方には蛇足だと思いますが、私と同じようなギモンを感じた方のため、解説してみました。

軽自動車は、印鑑証明書は不要です!

印鑑証明書が必要なのは、あくまでも普通車を購入売却する時の話なので、軽自動車に印鑑証明書は必要ありません。

ただ、軽自動車を購入する時は、印鑑証明書の代わりに住民票が必要なので、どちらにしても役所へ行く必要があります。

■軽自動車はなぜ印鑑証明が要らないの?■

普通自動車は資産として、国に登録をする必要があるのですが、軽自動車は資産とはみなされないので印鑑証明は必要ないのです。

なぜ印鑑証明書が必要なの?

車を購入・売却する時には、名義変更をしなければなりません。

中古車探しはズバット車販売の中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのズバット車販売で今すぐ車を探す

購入の場合は、所有者を自分名義に変更する必要がありますし、売却の場合には、所有者を自分からお店に変更する必要があります。

この名義変更をすると、自動車税などの請求が正しく行われるため、必ず手続きが必要です。

その手続きをディーラーや買取業者が運輸支局で行う時に、印鑑証明書が必要なので、私たちに提出を求めてくるんですね。

普通車でも、印鑑証明書が不要なケースもある

そのケースとは、ディーラーでローンを組んで車を購入した場合です。

ディーラーローンを利用すると、ほとんどの場合、車検証上の所有者がディーラーか信販会社になります。

車の購入時に必要なのは、所有者の印鑑証明書ですので、所有者がディーラーや信販会社の場合には、購入者である自分の印鑑証明書は不要で、代わりに住民票が必要になります。

ただし、銀行系のカーローンを利用する場合は、所有者は自分になることがほとんどなので、その場合は印鑑証明書が必要になりますので注意が必要です。

中古車はお店で探すと損をする!

車を中古で購入予定の方で、近くのお店を自分で回ったり、中古車情報誌で探している方はいませんか?

ネットの中古車お探しサービスなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですから、最近ではこのようなネットの中古車お探しサービスを利用する方が増えています。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

車を高く売る方法 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

=>今すぐ無料見積もりをする!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする