ママに人気!軽自動車のオプションは?

軽自動車は、その価格や税金、車検費用の安さから、ママさん達に大変人気があります。

昔は、軽自動車というと

  • 車内が狭い
  • 天井が低い
  • パワーがない

というイメージでしたが、今では高速道路でも無理なく走れるし、車内も広くなって
かなり便利になっています。

また、軽自動車でも便利、安全をサポートするオプションが充実してきました。

しかし、オプションを色々つけたけど結局いらなかったので損してしまったというケースもよくあるので
そのようなことにならないように、特におすすめオプションを解説します。

ママにおすすめの軽自動車オプション

・電動スライドドア

スライドドア搭載の軽自動車を更に便利にするためのオプションです。

スライドドア搭載の軽自動車というと

  • スズキ 「スペーシア」
  • ダイハツ 「タント」
  • ホンダ 「N BOX」
  • ダイハツ 「ウェイク」 「デイズルークス」 「ムーヴキャンバス」

などがあります。

スライドドアがあると、子供のチャイルドシートに座らせたり、ベビーカーに乗せかえることが
楽に行えます。

また子供がある程度大きくなると、自分でドアの開け閉めをするようになりますが
スライドドアなら、隣の車にぶつける心配もないので安心です。

こんな便利なスライドドアですが、電動タイプにすることで以下のような機能がついて
より便利になります。

  • タッチセンサー搭載でドアハンドルにタッチするだけで自動開閉
  • 挟み込み防止機能で、体や物を挟む事故を防止
  • リモコンや運転席からの自動開閉

メーカーや車種、グレードによって機能に違いがある場合があります。

子供や荷物を抱えていると、スライドドアといえども、開けるだけで大変なので
タッチや、リモコン1つで開けられるのは、かなりのメリットなのでこのオプションは
大変人気があります。

さらに、ドアを両側とも電動にすることも可能なので、そうすると場所を選ばず
乗り降りができるようになり、さらに利便性が上がります。

・バックモニター

駐車時に、後方の映像が画面に映るため、非常に便利です。

駐車が苦手なママさんが多いのも人気の理由ですが、死角になりやすい後方を
見渡せるのは、安全確認の面からも重要といえます。

・リモコンキー

車のキーにボタンがついており、ワンタッチでドアのカギの開閉ができるため
子供を抱えていたり、大きな荷物を持っている時に便利です。

最近の車では、基本装備とされていることがほとんどですが、中古車を買う場合は
付いてない可能性もあるので、念のため確認するようにしましょう。

おすすめできないオプション

サンルーフ

ディーラーの営業マンに乗せられて付けては見たけど、結局使わなかったという
ママさんの話をよく聞きます。

また、結露がついて水滴が垂れてくるといったデメリットもあります。

タバコを吸う人が乗る場合は、換気のためにつけるようですが、子供がいる場合は
もちろん論外ですし、もし車を売る場合、喫煙車は査定金額がかなり下がるので
そもそも車の中では吸わないほうがいいです。

子供が大きくなると、走行中にサンルーフから頭を出したりする可能性もあり
危険なことも、おすすめできない大きな理由です。

ここまでオプションの解説をしましたが、オプションの価格は、各メーカーや車種毎に
違いますので、ディーラーで必ず確認するようにしてください。

車を高く売る方法

車を高く売るには、一括査定サイトを利用するのがセオリーと言われていますが、実際は複数の買取業者から電話がかかってきて対応が面倒ですし、それぞれに名前や住所などの個人情報が流れてしまうので不安です。

そこで私が利用したのはユーカーパックという業者で、一括査定サイトと違い1社からしか電話がかかってこないうえ、他の業者に個人情報が流れません。(流れるのは車の査定情報のみ)

さらに、初めに自分の希望する買取価格を提示することができ、それを超えなかったらキャンセル可能な点も安心できました。

私のように、「高く売りたいけど複数の業者から電話がかかってくるのはイヤだ!」「面倒な交渉事はしたくない!」という方は、ユーカーパックに申し込むことをおすすめします。

中古車はお店で探さない

 

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする