日産 エルグランド 廃車買取で高く売る方法!

日産 エルグランドは、1997年に登場しました。

人気のミニバンで、特別仕様車である「ハイウェイスター」は、高級感溢れる作りで車にこだわる方に人気があります。

3列シートのため、人も荷物もたくさん載せることができることから、ファミリーに人気があり、平均して7年~10年以上乗る人が多いようです。

さて、買い替えなどの理由で、そのエルグランドを処分する場合、一体、いくらほど費用がかかるのでしょうか?

日産 エルグランドは、廃車にすると費用はいくらかかる?

解体費用 5,000円~10,000円
引取費用(車が自走できない場合のみ) 10,000円~(距離による)
リサイクル料金(購入時に支払っていない場合のみ) 7,000円~15,000円
永久抹消登録代行手数料(業者に依頼する場合のみ) 5,000円~10,000円

車の状態や、廃車手続きの代行を業者に依頼するかどうかで合計金額は、10,000円~50,000円と変わってきます。

エルグランドの廃車手続き(永久抹消登録)はどうするの?

解体業者で、エルグランドを解体してもらったあと、下記の必要書類を持って、最寄の運輸支局で手続きをします。

  • 車の所有者の印鑑証明書 (※発行から3ヵ月以内)
  • 車の所有者の委任状
  • ナンバープレート (前面と後面の2枚)
  • 車検証
  • 「解体報告記録がなされた日」と「移動報告番号」(メモで可)
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書  (不要な地域あり)

地域によって必要書類が変わる場合もありますので、事前に運輸支局に確認することをおすすめします。

>> 国土交通省 全国運輸支局等のご案内

運輸支局の業務時間
午前9:00~12:00
午後1:00~4:00

運輸支局の休日
土日祝、及び12月29日~1月3日

ご覧のように、用意すべき必要書類も多く、運輸支局も土日祝が休みで業務時間も短いため、平日休みの人で無い限りはなかなか時間が取れないと思います。

車を高く売るなら「ズバット車買取比較」複数の業者にまとめて見積依頼ができるので、手間がかからず高く売れる!   >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!

また、手続き自体も手間と時間がかかってしまうので、忙しい方や面倒がイヤな方は、解体業者に代行してもらうほうがいいでしょう。

エルグランドをお金をかけずに処分する方法

解体業者での廃車ではなく、買取業者に売却しましょう。

売却であれば、面倒な廃車手続きを行うこともありませんし、費用も一切かかりません。

それどころか、車の売却金も手に入るため、次の車の頭金を増やすこともできます。

ディーラーの下取りだと、0円(無料引取)となるような場合でも、買取業者ならどのような状態でも、0円以上の金額で買取してくれます。

たとえば

  • 走行距離が10万km、15万kmを超えている
  • 年式が10年以上古い
  • ボディの凹みや、故障している部分がある
  • 以前、事故をおこして修理した「事故車」である
  • 事故を起こして修理できない
  • 水没して一切動かない

というような車でも、買い取ってくれます。

買取業者での査定は無料なので、必ず査定は受けましょう。

中古車探しはズバット車販売の中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのズバット車販売で今すぐ車を探す

エルグランドを高く買い取ってもらう方法

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

=>今すぐ無料見積もりをする!

中古車はお店で探さない

 

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする