事故車ってどういう車を指すの?

事故を起こした車全てが事故車ではない

電柱にぶつけた、車同士の接触事故を起こした、などで車が損傷しますが
事故に遭った車を全て「事故車」というわけではありません。

この点を知っておかないと、悪質なディーラーや買取業者に
事故車ではないのに、事故車扱いされて査定金額を大きく下げられるケースもあります。

事故車になってしまうケース

事故車とは、車の重要なパーツが損傷した車を指します。

重要な部分とは以下の部分を指します。

  • フレーム (サイドメンバー)
  • フロントクロスメンバー
  • フロントインサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • ルームフロアパネル
  • トランクフロアパネル
  • ラジエータコアサポート

それぞれ、どの部分かは以下のイラストをご覧ください。

これらの部分が壊れて修理した場合に「事故車」もしくは「修復歴車」と呼ばれます。

査定の時に言わないとダメ?

必ず伝えるべきです。

通常は、修理を受けた際、整備記録簿という車備え付けの書類にどこを修理したかが
記載されますので、それを見れば事故車かどうかはすぐにわかります。

書類が無い場合でも、優れた営業マンであればキレイに修理されていてもわかりますし
その場でわからなかったとしても、車を引き取ったあとプロの整備士が整備工場で
細かくチェックしますので、修復歴があれば絶対にわかります。

もし言わずにいて、後で見つかった場合、当然査定額は下げられます。

車を高く売るなら「ズバット車買取比較」複数の業者にまとめて見積依頼ができるので、手間がかからず高く売れる!   >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!

その時、事故歴を隠していたと思われて、あらかじめ言っておいた時より
大きく査定額を下げられる場合もありますので、必ず事故歴は伝えておきましょう。

事故歴のある車でも高く売る方法

事故歴があると、当然、査定価格は下げられてしまいますが
買取業者によって下げる額は変わってきます。

ですから、複数の業者から査定を受けて、事故歴があっても高く買い取ってくれる
業者を探すことが重要になります。

車を高く売る方法

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

=>今すぐ無料見積もりをする!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする