事故車・故障車の牽引(けん引)に免許は不要?

中古車探しはズバット車販売の中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのズバット車販売で今すぐ車を探す

実際に事故車(故障車)を牽引する手順については、以下のページで解説しています。

>>事故車・故障車を牽引(けん引)する手順、教えます!

けん引に免許は必要なの?

事故車・故障車を修理工場や廃車工場など、別の場所へ移動させる場合、別の車で牽引する必要がありますが、その際には牽引免許が必要かどうか気になるところです。

結論からいうと、不要です。

法律上では、けん引免許が必要な場合は

「けん引される車の重量が750㎏を超える場合」とされています。

しかし、ほとんどの車は、750㎏以上の重量があります。

ならやっぱり免許が必要なんじゃないの?と思うかもしれませんが、故障車を牽引ロープやクレーンを使用して牽引する場合には、免許がなくても牽引できるのです。

事故車(故障車)の牽引は難しい?

車に合った道具(けん引ロープなど)を準備して、手順をしっかり確認すれば素人でも難しくはないでしょう。

しかし、事故車(故障車)の損傷が大きい場合、エンジンがかからない場合などは、運転が難しくなるので、車の運転に自信がない場合には業者にレッカーを依頼することも検討しましょう。

業者にレッカーを依頼する場合の費用は、車の保管場所から工場までの距離によりますが、1万円前後かかるようです。

車を高く売るなら、「ユーカーパック」ほかの一括見積サイトと違い、”電話”も”査定”も1社のみ!時間も手間もかからず高く売れる!   >>ユーカーパックで今すぐ見積り!

安い金額とはいえませんが、運ぶ途中で事故に遭ったり、傷がついてしまったりする可能性もありますから、自分で牽引するか業者に任せるかの判断は慎重に行うことをおすすめします。

故障車・事故車を牽引せずに処分する方法

車を修理するならば、業者によるレッカーか、別の車で牽引をして工場まで運ぶ必要がありますが、廃車にする場合は、かならずしも工場まで車を持っていく必要はありません。

具体的にどうすればいいのかというと、故障車(事故車)を廃車にするのではなく、

買取専門業者に買い取ってもらうのです。

通常、廃車にするときは、工場まで車をもっていき、廃車費用を支払って手続きを行います。

その時にかかる廃車費用は、レッカー費用も入れると2万円~5万円ほどかかってしまいます。

しかし、買取業者であれば、車の保管場所まで無料で出張査定に来てくれるため、わざわざお店まで牽引する必要もありません。

実際に買取業者に車を売った場合、業者がレッカーで引き取ってくれて、その費用もかかりませんので廃車にするより何万円もお得になります。

中古車探しはズバット車販売の中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのズバット車販売で今すぐ車を探す

故障車・事故車なんて買い取ってくれないと考える人も多いです。

しかし、買取業者は、どんなに破損した車でもパーツを取り出したり、車をつぶして鉄くずとして海外に販売したりすることで利益を出しているため、故障車・事故車でも買い取ってくれるんです。

そのため、まずは廃車ではなく、買取業者に査定をしてもらうことをおすすめします。

車を高く売る方法

車を高く売るには、一括査定サイトを利用するのがセオリーと言われていますが、実際は複数の買取業者から電話がかかってきて対応が面倒ですし、それぞれに名前や住所などの個人情報が流れてしまうので不安です。

そこで私が利用したのはユーカーパックという業者で、一括査定サイトと違い1社からしか電話がかかってこないうえ、他の業者に個人情報が流れません。(流れるのは車の査定情報のみ)

さらに、初めに自分の希望する買取価格を提示することができ、それを超えなかったらキャンセル可能な点も安心できました。

私のように、「高く売りたいけど複数の業者から電話がかかってくるのはイヤだ!」「面倒な交渉事はしたくない!」という方は、ユーカーパックに申し込むことをおすすめします。

中古車はお店で探さない

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする