故障してブレーキが効かなくなる原因とは?

車のメンテナンス

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0c/Pedalerie_Peugeot_206.jpg

 

自動車の制動に関わる重要なパーツであるブレーキ。

一般的な乗用車では、油圧を利用したブレーキが使われており、前輪にはディスクブレーキ、後輪にはドラムブレーキが使われていることが多いです。

車の動きを止めるこのブレーキが故障すると、ブレーキペダルを踏んでから止まるまでの距離(制動距離)が長くなったり、最悪はブレーキが効かずに事故を起こすケースもあります。

この記事では、そのブレーキが効かなくなる主な原因を解説します。

 

ブレーキが効かなくなる主な原因

ブレーキパッドの磨耗

 

ブレーキの故障の原因のほとんどはこれです。

ブレーキを踏んだときに、金属音などの異音がしたり、踏んだ感触がいつもと違うため、車に詳しくない素人でも分かることが多いです。

ブレーキパッドには磨耗すると、キーキーと金属音がするように設計されています。

そのため、金属音がする=交換となるため、必ず整備工場やディーラーで点検、交換をしましょう。

ディスクローターの磨耗

ディスクローターは、ブレーキパッドが押し付けられる度に磨耗します。

また、ディスクローターはサビが発生しやすいので、それが原因で
ブレーキが効きづらくなることもあります。

大体10万kmに1回の交換が推奨されているので、故障しにくい箇所ではありますが、サビによってブレーキの効きが悪くなることはあるので、5万km超えたあたりで検査してもらい、さび付いていたら、研磨をすることでサビを落としてもらうことをおすすめします。

ブレーキオイルが劣化している

ブレーキオイルは、吸湿性があるため水分を吸ってしまいます。

水分が入ってしまうと、ブレーキを構成するパーツにサビが発生、そこからオイルが漏れ出してしまい、ブレーキが効かなくなります。

また、ブレーキをかけるとオイルが高温になりますが、あまりにも高温(200℃)になりすぎると、ブレーキオイルが沸騰することでブレーキ配管内に気泡が入り、ブレーキが効かなくなるペーパーロック現象が起きてしまいます。

 

ブレーキオイルに水分が入ると、この沸騰する温度がじょじょに下がり、ブレーキをそれほど使ってない場合でも、ペーパーロック現象が発生しやすくなってしまいます。

そのためブレーキオイルの点検、交換は忘れずに行いましょう。

目安として、2年毎の交換を推奨されています。

 

ブレーキの不調を感じたらすぐに検査しよう!

 

当然の話ではありますが、ブレーキの故障は事故を招きます。

場合によっては命に関わることもありますので、少しでも異常を感じたらすぐにディーラーや整備工場で検査を受けましょう。

 

 

車を高く売る方法

 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました