初心者でもできる!クーラント液の補充方法

車のメンテナンス

水温の確認

クーラント液の残量確認は、必ず水温が下がっている状態で行いましょう。

上記画像のように、水温が上がっている状態で、クーラント液が入っているリザーバータンクの蓋を
開けると、液が噴出してヤケドしてしまう可能性があり危険です。

リザーバータンクのフタを開ける

 

車の説明書などを確認してリザーバータンクを探して、フタを開けます。

フタには、冷却水(クーラント)などの名称が書いてあることもあるので
それを目印に探すのもいいでしょう。

かなり古い車種だとリザーバータンクがなく、直接ラジエーター内部に注ぐタイプも
あるので、注意しましょう。

クーラント液の残量と、汚れ具合をチェックする

まずは、リザーバータンクに書いてある目盛りを見て残量を確認します。

そして、液が黒ずんでいないかも同時にチェックしましょう。

通常はキレイな赤色か緑色をしていますので、これが黒ずんでいる場合は
劣化している状態なので、クーラント液の補充ではなく交換をしなければいけません。

また、サビが浮いていたり、茶色く変色している場合には、タンクやパイプがサビついている
可能性が高いので、ディーラーや整備工場で点検してもらいましょう。

サビなどの不純物を取り除かずに、クーラント液だけ補充、交換しても
サビが原因で、ラジエーターなどが故障してしまうこともあります。

液の残量がMINより下回っていたら補充する

補充用クーラント液を用意して、リザーバータンクのFULL(またはMAX)まで注ぎます。

点検する度に大きくクーラント液が減っているようなら、タンクやラジエーター、
パイプなどから漏れている可能性があるので、整備工場で点検してもらいましょう。

Amazon CAPTCHA

車を高く売る方法

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました