車からノッキング音がする!その直し方とは?

ノッキングとは?

エンジンをかけ、アクセルを踏み込んだとき、ガラガラという異音がするのがノッキングです。

場合によってはエンジンの回転数が上がりにくくなったりするので、音がおかしいなと思ったらすぐに対策をすることが重要です。

ノッキングが起こる原因

ノッキングが起こる原因は、主に以下があります。

  • エアクリーナーフィルターの詰まり
  • エアフローメーターの油脂・異物付着
  • スロットルボディの汚れ
  • 吸気バルブ周りのカーボン(汚れ)付着

とはいえ、車に詳しい方でもない限り、なんのことかわからないと思いますので、原因は複数あるということがご理解いただければOKです。

ノッキングの直し方

高速道路を走る

車のエンジンは、ガソリンを燃焼させたときに発生する力で動いています。

その燃焼したときに、カーボンなどの燃えカスが出てしまいます。

そして、普段、町乗りばかりで低速で走っていると、吸気バルブにカーボン(汚れ)が付着しやすく、取れにくくなってしまいます。

そのため、以下の手順を行うと付着したカーボンがエンジンの自浄作用によって掃除される可能性があります。

  1. ガソリンをギリギリまで使う(給油メーターのEマークまで)
  2. 満タンまで給油する
  3. 30分~1時間ほど、高速道路を走る

普段、低速域で走っていることが原因でカーボンが付着している場合は、これで改善されるでしょう。

改善された場合でも、これまでと同じような運転の仕方をしていると、またカーボンが付着してしまうため、急にアクセルを踏み込んだりするような荒い運転はしないよう、落ち着いた運転を心がけることも大事です。

ガソリン添加剤を入れる

ガソリン添加剤は、燃料が通る道をキレイに掃除してくれるため、これを入れて走ることで、付着した燃えカスを取り除いてくれます。

車を高く売るなら「ズバット車買取比較」複数の業者にまとめて見積依頼ができるので、手間がかからず高く売れる!   >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!

注入の仕方は簡単で、給油したあとに添加剤を注ぐだけです。

燃えカスがついている状態だと、ノッキングの原因になるだけでなく、燃費も悪くなってしまうので、できればノッキングが発生する前から、メンテナンスの一環として行うことをおすすめします。

それでも直らない場合は・・・

上記2つの方法を試しても直らない場合は、やはりディーラーや近くの整備工場へ持ち込むことをおすすめします。

最初に解説したように、ノッキングには様々な原因があるため、素人には判断ができません。

特にエンジンは車の心臓部分であるため、故障すれば莫大な修理費がかかりますし、大きな事故に繋がる可能性もあります。

修理費については、原因と修理内容によるため、相場はわかりにくいです。

まずは、見積もりを取ってもらって、原因と費用を確認することをおすすめします。

車を高く売る方法

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

=>今すぐ無料見積もりをする!

中古車探しはズバット車販売の中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのズバット車販売で今すぐ車を探す

中古車はお店で探さない

 

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする