ワックスを掛ける時の正しい手順や注意点!

車のメンテナンス
SN3D0780

見た目をよくするだけでなく、ボディの塗装を紫外線や雨などから保護するのが
ワックスの役目。

ワックスを塗らないと、色落ちしたりシミができたりと劣化が進んでしまい
車の買い替え時に、高く売れなくなってしまいます。

 

ワックス掛けの正しい手順

 

必要なもの

  • ワックス
  • スポンジ
  • 布(木綿やネル素材)

※布は縫い目のないものを用意しましょう。縫い目の部分でキズが入ってしまうことがあります。

スポンジはワックス専用のものを必ず用意しましょう。
別のだとキズが入ってしまいます。

1. 部位毎にワックス掛けをしていく

ボンネット、フェンダー、ルーフというように、部分毎に塗っていくと
塗り漏れを防げます。

2. ワックスを塗りこんでいく

スポンジに少量、ワックスをつけて塗っていく。

塗り方は、直線で伸ばしていくのが正しい方法。

最初は縦に塗っていき、次は横から塗っていくようにすると塗り漏れが防げます。

 

また、とにかく薄く塗っていくことを心がけましょう。

多めに塗ったとしても、塗装面に付着するのはわずか数ミクロン。
髪の毛の1/10程度です。

つまり、厚く塗っても付着した部分以外は、後で拭き取ることになるため
その作業に手間がかかって効率が落ちるだけです。

 

ボディ以外の部分にワックスが付かないようにしよう。

ガラスや樹脂部分(ワイパー付近やドアノブなど)にワックスがついてしまうと
取り難く、乾くと白くなり見た目も悪くなります。

3. ドアの開口部も忘れずに塗る

ドアを閉めれば見えなくなりますが、保護のためにもできるだけ塗りこんでおきましょう。

4. 拭き上げ

余分なワックスを取り除くために拭き上げます。

乾く前に拭き取りか、乾いてから拭き取るかは利用するワックスによって違うので
説明書を見て、指示通りに行いましょう。

5. 全体拭き

まずは1枚目の布で、大まかにワックスを拭き取ります。

ゆっくり大きく布を動かすことで、キズが入りにくくなります。

6. 仕上げ拭き

2枚目の布で再度、拭き上げます。

これで無駄なワックスが取れて、ムラがなくなります。

 

ナンバーにはワックスが触れないように注意しましょう。

文字部分は意外と取れやすく、ワックスと一緒に落ちてしまいます。

7. 最終チェック

ボディの隙間に入り込んだワックスを布や綿棒、つまようじなどで取り除きます。

ワックスが残ったまま放置すると、白く変色して取れなくなってしまいます。

樹脂部分にワックスがついてしまった場合は、布で拭いても取れないため
ブラシなどで書き出すようにして取り除きましょう。

最後に、全体をくまなく見て、拭き残しがないかチェックして完了です。

 

車を高く売る方法

 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました