車のLと2って、いつ使うの?

http://livedoor.blogimg.jp/yossy4c/imgs/7/9/79947a77.JPG

オートマ車のLと2っていつ使うの?

AT(オートマ)車は、普段だとDでどこでも運転しますが、L2は以下のタイミングで使います。

L(1と表記されることもある) ・・・ 1速という意味で、急な下り坂でエンジンブレーキをかけたい時、他の車を牽引する時に使用。

2(Sと表記されることもある) ・・・ 2速という意味で、長い下り坂でエンジンブレーキをかけたい時に使用。

車によっては3まである場合もあります。

坂の長さや勾配によって、使いわけましょう。

Dのままじゃダメなの?

普通の平らな道路であれば、Dのままでなんら問題はありませんが、長い下り坂でDのままにしていると、自動でギアが1速→2速→3速・・・と上がっていき、どんどん速度が上がってしまいます。

その上がりすぎた速度を、頻繁にブレーキで抑えることになるわけですが、そうするとブレーキ装置が摩擦熱でブレーキが効きづらくなる、または効かなくなる、いわゆる「フェード現象」が起こってしまう可能性が高くなります。

下り坂でブレーキが効かなくなることは、絶対に避けなければならないことです。

そのため、長い下り坂では、ブレーキだけで速度を緩めるのではなく、シフトを2に入れてエンジンブレーキで速度を落とすように心がけましょう。

オートマ車のギア操作と種類をおさらい

  • P ・・・ パーキング
  • R ・・・ リバース
  • N ・・・ ニュートラル
  • D ・・・ ドライブ
  • 2 ・・・ セカンド(2速)
  • L(1) ・・・ ロー(1速)

P ・・・ パーキング

文字通り、駐車する時に使います。

トランスミッションという変速を行うパーツの動きを制限するので、車は動かなくなりますが、完全ではないので、駐車する時は必ずサイトブレーキも使うようにしましょう。

R ・・・ リバース

車をバック(後退)させるときに使います。

ピーピーという警告音が鳴るのが一般的で、シフト横のスイッチを押しながらでないと、Rに入らない車種もあります。

最近では、カーナビに後ろの状況が移るバックモニタ機能が搭載されている車種が多くなっており、その場合は、Rに入れた時に自動でカーナビ画面がバックモニタに切り替わるタイプもあります。

N ・・・ ニュートラル

Pと違い、エンジンとギアが完全に切り離された状態です。

昔は、信号待ちなどのアイドリング中は、Nにしておくと燃費が良くなると言われていましたが、今ではハイブリッドカーなどのエコカーが登場するなど、全体的な燃費性能が上がっているため、ほとんど使用することはありません。

D ・・・ ドライブ

車を進ませる時に使います。

アクセルを踏んでいると速度が上がり、自動で変速されていきますが、逆にアクセルを離すとエンジンブレーキがかかって速度がじょじょに下がっていきます。

通常のブレーキを使っていると、燃費が悪くなるのでこのエンジンブレーキを使って上手に減速できると燃費も良くなるし、減速したときの押されるような荷重がかかりにくくなり、乗り心地もよくなるので家族や友人などに喜ばれます。

2 ・・・ セカンド(2速) L(1) ・・・ ロー(1速)

上述したように、下り坂でブレーキを使わずに速度を抑えるエンジンブレーキを使うために、使います。

フェード現象を起こさないように運転するために使うことが推奨されますが、その他にも燃費が良くなるというメリットもあります。

実は、エンジンブレーキが効いている時は、エンジンの回転数が高くなるのですが、その時、自動的にガソリンがエンジンに流れなくなるため、燃費が良くなるんですね。

これらシフトの意味を知ることで、危険な事故も防げますし、燃費もよくなるため、積極的に状況に合わせて使いこなすことをおすすめします。

車を高く売る方法

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

=>今すぐ無料見積もりをする!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする