パンクした車は修理して乗り続ける?買い替えるのが得?

車が急にパンクした!

空気を入れても翌日には抜けてしまって、ディーラーや修理工場に持ち込んだら
修理か交換だと言われた。

でも、言われるがまま修理、交換するのが正しいのでしょうか。

車は様々な部品で出来ていますから、年式の古い車だとタイヤを交換しても、
次どこか別のところが破損してまた修理交換・・・という悪循環にも陥りがちですから
以下の方法の中から、自分に合った方法を検討してみてください。

修理、交換して乗り続ける

修理、交換費用はいくらかかる?

【パンク修理】

  • 整備工場、カーショップ : 1,000円~3,500円
  • ガソリンスタンド、ディーラー : 2,200円~3,800円

【タイヤ交換】

  • 1本のみ : タイヤ代金+2,000円~4,000円(工賃)
  • 4本交換 : タイヤ代金+5,000円~15,000円(工賃)

タイヤがそこまで磨耗していない場合には、パンクした1本だけ修理すればOKですが
だいぶ磨耗していた場合は、交換することになりますが、1本だけ交換すると
他とのバランスが悪くなります。

そうなると、ブレーキが効きづらくなったり、エンジンの力が路面に伝わりづらくなり
燃費が悪くなるなどの悪影響がでてしまうため、4本とも交換することをおすすめします。

ただし、5年以上乗ってきた場合、走行距離5万kmを超えているような場合は
タイヤ以外にも損耗箇所が増えてきて、メンテナンス費用が増えだします。

そのため、タイヤ修理をする前に他の箇所もチェックしてもらい
修理、交換が必要な箇所がないか確認してもらいましょう。

全てチェックした結果、高額な修理交換費用がかかるようであれば
今後の出費も考えて、車の買い替えを考えることをおすすめします。

車を高く売るなら「ズバット車買取比較」複数の業者にまとめて見積依頼ができるので、手間がかからず高く売れる!   >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!

車は新車購入から3年まで買取価格がじょじょに下がり初め、
5年が過ぎると更に大きく下がります。

その前に高く売って次の車の頭金にするという考え方もありますから
自分の車の年式、走行距離を確認して、損しない方法を選びましょう。

廃車にして、車を買い替える

7年~10年以上長く乗ってきた車であれば、廃車にして新しい車に買い替えるのも手です。

しかし、廃車費用で2万円~5万円と高額な費用がかかってしまうので
よほどの理由が無い限りはおすすめできません。

たとえ古い車や故障箇所が多い車であっても買取業者であれば
お金を出して買ってくれるので、まずは買取業者の査定を受けましょう。

数万円でも売れれば、次の車の頭金を増やせるうえ、廃車費用も払わずに
済むのでかなり得をしますよ。

買取業者に売って、車を買い替える

パンクをしているので、査定価格から減額はされてしまいますが、買取業者によって
下げられる額は違うので、複数の業者に査定をしてもらうことをおすすめします。

車を高く売る方法

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

=>今すぐ無料見積もりをする!

中古車探しはズバット車販売の中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのズバット車販売で今すぐ車を探す

中古車はお店で探さない

 

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする