代理人を立てて車の買取をしてもらう場合の必要書類は?

中古車探しはズバット車販売の中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのズバット車販売で今すぐ車を探す

車の売却をする時に、家族や友人などに頼んで車を売りたいというケースは少なくありません。

仕事が忙しくて手続きがなかなかできない場合や、国内、海外転勤で赴任してしまって売却手続きができないなどの場合に、代理人を立てて売却手続きをしてもらうことになります。

そんな場合の必要書類を以下にまとめましたので、ご覧ください。

車売却時の必要書類

自動車検査証 車検証のことで通常は車内に携帯していなければなりません。
紛失した場合は陸運支局で再発行が必要。
自賠責保険証明書 車検時に強制的に加入される保険。
紛失した場合は加入した保険会社で再発行が必要。
自動車税納税証明書 車検を受けるときに必要な書類。
紛失した場合は県税事務所などで再発行が必要。
実印
印鑑登録証明書 実印を証明するもので、市役所などで発行することができます。
振込口座 売却したお金を振り込むために必要。
リサイクル券 リサイクル料金を委託している場合に必要。
紛失した場合は自動車リサイクルシステムのホームページで
「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷することで代用できます。
住民票 車検証の住所と現住所が異なる場合に必要。役所で取得します。
戸籍謄本 車検証の氏名と今の氏名が異なる場合に必要。
本籍地の役所で取得します。

代理人を立てて売る時に追加で必要な書類

委任状 本人に署名、印鑑を押してもらう必要があります。
譲渡証明書 車検時に強制的に加入される保険。
紛失した場合は加入した保険会社で再発行が必要。
代理人の身分証明書 車検を受けるときに必要な書類。
紛失した場合は県税事務所などで再発行が必要。

以上を揃えて、車買取業者に見積をしてもらいましょう。

ただし、買取業者によって本人確認時の必要書類が違うこともあるので、査定に来てもらう前に、代理人を立てて売却手続きしたい旨と、必要書類をあらかじめ確認しておくようにしましょう。

書類の中には、役所に行かなければ取れない書類もあるため、確認せずに二度手間になってしまうと目も当てられません。

車を高く売る方法

車を高く売るには、一括査定サイトを利用するのがセオリーと言われていますが、実際は複数の買取業者から電話がかかってきて対応が面倒ですし、それぞれに名前や住所などの個人情報が流れてしまうので不安です。

そこで私が利用したのはユーカーパックという業者で、一括査定サイトと違い1社からしか電話がかかってこないうえ、他の業者に個人情報が流れません。(流れるのは車の査定情報のみ)

さらに、初めに自分の希望する買取価格を提示することができ、それを超えなかったらキャンセル可能な点も安心できました。

私のように、「高く売りたいけど複数の業者から電話がかかってくるのはイヤだ!」「面倒な交渉事はしたくない!」という方は、ユーカーパックに申し込むことをおすすめします。

中古車はお店で探さない

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする