古くて走行距離の多い車でも売れる?

売却時のギモン

 

新車で買って長く乗り続けてきた、中古で安い車を買って乗ってきたなど、様々な理由で古い車に乗っている人も多くいます。

中古車で古い車を買う場合は、ほとんどの人は2年後の車検で廃車にするつもりで乗っているはずです。

なぜなら、年式の古い車、走行距離が多い車は買取できないと思っている人がほとんどだからです。

 

しかし、今では古い車や走行距離が多い車でも買取る業者がいます。

 

買取業者は、海外への販路を持っているため、これらの車でも買取って、輸出することで利益を得ています。

日本の車は非常に丁寧に作られているため頑丈で、さらに車検などの法定点検もしっかりあるため海外からの評価が非常に高いです。

海外では20年、20万km以上でも乗り続けますので、10年、10万km程度ではまだまだ使える車という考えの国が多いです。

 

ディーラー下取りはダメ!

 

ほとんどの人は、車を売るときにディーラーへ下取りにします。

ディーラーでは古い車や走行距離が多い車は、0円での引き取りになります。

なぜなら、ディーラーは新車を売るのがメインのため、中古車の買取に力を入れる余裕がありませんし、買取った中古車を売るルートも少ないからです。

 

そのため、オークションに出したり中古車販売店に転売して利益を出すしかありません。

もし売れ残って在庫になるリスクを考えると、ほぼ底値で買取ったり、0円で引取をするしかないのです。

このような理由から、古い車、走行距離の多い車はディーラーではなく、買取業者に売るようにしましょう。

 

車を高く売る方法

 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました