オプションは売る前に外した方がお得?

売却時のギモン



 

車には様々なオプションがありますが、査定を受ける際に、どのような評価を受けるのかよくわかりませんよね。

オプションは好みがあるから、種類によっては査定が下がるなんて話もあります。

まずはオプションにどんな種類があるのか、査定にどう影響するのかを見ていきましょう。

 

純正オプション

 

オプションには、純正と社外品があり、また純正品はその中で2種類に分かれます。

以下では、それぞれの違いと査定への影響について説明していきます。

 

メーカーオプション

メーカーが製造段階で取り付けるオプション。

サンルーフや防犯用システム、助手席やサイドエアバックなどがこれにあたります。

製造段階で取り付けることから、納車後の取り付けができないので、取り付けたままだと査定額は上がりやすいです。

ディーラーオプション

エアロパーツやカーナビ、オーディオなど、ディーラーで取り付けるオプションです。

納車後も取り付け可能ですが、人気が高いので、取り付けたままでも査定額は上がりやすいです。

 

社外オプション

納車後の車に自分で好きなパーツを購入して取り付けたオプションです。

カーナビやETC、オーディオ、ホイール、カスタムエアロなど様々ありますが、中古車として販売する際には、購入者の好みがあるため純正に比べると売れにくいため、査定額は低くなりやすいです。

カーナビ、ETC、オーディオは極端に古いものでない限りはマイナスされることはないでしょう。

 

中でも査定に大きく響くのは、ホイールとエアロです。

可能であれば、売る前に、純正品と交換をしておくとマイナス査定されずに済みます。

買取業者によっては交換までしなくても、純正品を保管してあることを伝えれば。マイナス査定しないところもあるので、そういう業者を探してみてもいいでしょう。

そのため、純正オプションを外して社外オプションをつけた場合は、純正品を捨ててしまうことがないようにしましょう。

 

・・・・

 

オプションには、以上のような種類があり、純正オプションだと査定金額にプラスされることがほとんどです。

社外オプションでも査定にプラスされることもあるので、査定に来た営業マンに確認して、純正の方が査定額が高くなるようなら、純正に変えて査定しなおしてもらうといいでしょう。

取り外したパーツは、次の車に取り付けてもいいですし、売って資金にする手もあります。

ただし、社外オプションを取り外す工賃もかかりますので、その点も注意が必要です。

 

オプションについての注意事項

 

どんなオプションでも買取業者によって、評価は変わります。

オプションも年数が経てば古くなるし、動作や反応が悪いといった不具合があると、それだけ評価は下がります。

そのため、メーカーオプションやディーラーオプションだからといって必ず査定にプラスされるわけではないということを理解しておくことが大事です。

 

車を高く売る方法

 

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました