車の税金・還付金 売却時期に注意せよ!

車を売却、または廃車にした際には税金が戻ってくることがあります。

これを還付金といいます。

戻ってくるのは自動車税・自動車重量税で、これらの税金は、毎年4月~5月頃に1年分をまとめて支払っています。

そのため、売却・廃車手続きをすると、手続きが完了した翌月から翌年3月の分までが月割で戻ってきます。

例えば

6月に売却、廃車手続きが完了した場合、7月~翌3月までの税金が戻ってくることになります。

なお、軽自動車の場合は月割での還付がありませんので、自動車税は戻ってきません。

売却時期に注意

前述したように還付金が支払われるので、古い車だからいつ売っても変わらないだろうと思って車をガレージなどに放置していると、戻ってくる税金が減ってしまい、損をしてしまいます。

売却後にも注意が必要

自動車税、自動車重量税は、毎年4/1時点での所有者に納税義務があります。

売却手続きの完了が4/1を超える場合には、その年の自動車税、自動車重量税の支払通知が自分に届くことになります。

この場合は、自動車税、重量税の支払い分を査定額に含めて計算されていることがほとんどなので損をすることはありません。

車を高く売るなら「ズバット車買取比較」複数の業者にまとめて見積依頼ができるので、手間がかからず高く売れる!   >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!

しかし、念のため買取業者に自動車税と重量税の扱いを確認しておくことが大事です。

買取業者もすべてがちゃんとしているわけではありませんので確認を怠ると、何も知らない人だと思われて、還付金を着服する悪質な業者もいます。

このような業者に足元を見られないように、注意しましょう。

車を高く売る方法

頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

 

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

 

買取業者に車を売るなら、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

複数の業者に査定依頼を出すことで価格競争がおき、値段が高くなりやすいためおすすめです。

=>今すぐ無料見積もりをする!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする